二人目不妊を改善

基礎体温表ダウンロード LINE予約 0800-800-5865

二人目不妊を改善

二人目不妊を改善

二人目不妊を改善

一人目は授かったのに、二人目がなかなか授からないと悩んでいる方も多いと思います。しかも、一人目を出産しているので「そのうちには・・・」と思っていて、前回の妊娠から気が付けば時間が経過していることも多いです。

勉強堂薬局の子宝相談では特に2つに重点を置いてサポートしています。

1.お血を改善し、骨盤内への血流の巡りをよくする

二人目不妊の方は育児や仕事のストレス、「早く二人目を」というプレッシャーなどにより、自律神経が乱れがちです。自律神経の乱れはホルモン分泌に関わり、卵子の成長に影響します。

さらにストレスは、東洋医学でいうところのお血(血液の流れが滞ったりよどんだ状態)という症状を引き起こします。
お血は、子宮や卵巣への血流を悪化させます。

対策として、子宝漢方でお血を改善し、骨盤内への血流の巡りをよくすることで、質のよい卵、赤ちゃんが育っていく環境を整えていきます。

2.腎精(活動の源とされ生殖に必要なエネルギー)を補う

腎精(活動の源とされ生殖に必要なエネルギー)を補う

一人目出産により、腎精(活動の源とされ生殖に必要なエネルギー)を消耗してしまったことにより、ホルモンバランスが乱れているケースや一人目出産からの回復が不十分であり、年齢も重ねている事などが多く見受けられます。

子宝漢方は、この消耗した「腎精」を補う事で、本来持っているホルモンバランスを調節する力を回復させます。また、体力の不足を補う事により、基礎体温の安定、生理周期の安定、卵の質の改善、流産予防など妊娠しやすい身体づくりと妊娠の維持へと導いていきます。

当然ながら一人目を出産、妊娠した時よりも年齢を重ねております。女性は35歳を境に老化が進み、卵子とともに子宮内膜の老化も始まり、内膜の血流も悪化し、卵子が受精しても子宮内膜で着床できず、妊娠に至らないなど、妊娠しにくい状態になってきますし、流産のリスクも高まってきます。
最後に女性は、漢方の考えである7の倍数の35歳を境に生殖機能の衰えが始まると言われています。

子宝漢方は二人目不妊における妊娠を妨げる体質を改善します。不足した腎精を補い、骨盤内の血流を改善して妊娠しやすい身体づくりを目標に、一人一人の体質や状態に応じて妊娠力を強化するためのサポートをしていきます。

年齢に不安を感じる

年齢に不安を感じる

最近寿命は長くなっていますが、女性の生殖年齢は昔と変わりません。
35歳をすぎると卵胞ホルモンは急速に低下し、38歳でピークの半分、40歳をすぎるとさらに低下します。卵子の老化は年齢に比例します。
卵子の老化で染色体異常も増加します。また子宮の細胞も老化しホルモンに対する反応が鈍くなり、受精卵の着床にも十分な反応ができないため着床しにくくなります。また着床しても子宮の活動が衰えているので胎児の発育が遅れがちになります。
しかし加齢による体力の衰えや妊娠力にリミットがあることは確かですが必ずしも若さ=妊娠力とはいえません。

本来備わっている妊娠力

本来備わっている妊娠力

女性の体に本来備わっている妊娠力は食事や生活習慣、子宮内や血液状態が良好であるときに発揮されるものです。
卵巣の機能を若返らせる事が妊娠への第一歩です。
心を平静にして気持ちを和やかに保つことも大事です。
漢方は内蔵を元気にして働きを良くし、エネルギー補給をします。年齢が高くなるにつれて、体が腎虚(生殖エネルギーが不足している状態)に傾きます。その結果、質の良い卵子の生成や順調な生理を妨げます。漢方は補腎を得意とします。年齢だからと落ち込まず漢方をぜひ活用してください。

勉強堂薬局子宝漢方相談へ、お気軽にご相談ください。

勉強堂薬局

pagetop