身体にやさしい子宝漢方

基礎体温表ダウンロード LINE予約 0800-800-5865

身体にやさしい

漢方による妊娠力作り
(サポート)

女性の体には、本来『妊娠する力』が備わっています。
東洋医学では、「気・血・水」のバランスが崩れ、「六蔵六腑」の働きが停滞すると、体に変調をきたすと言われています。
病院での検査で明らかな異常がなければ、自然妊娠を望む方も、不妊治療との併用を希望される方にも、漢方で身体作りをしていくことが効果的です。

  • 質のよい卵子・整った子宮環境を作りたい
  • 不妊治療の成果を上げたい
  • 体に優しく、妊娠力を上げたい
  • 自然妊娠を希望している
  • 2人目不妊を何とかしたい

このような『想い』はありませんか?
今のあなたの体は、ストレス・食生活の乱れ・睡眠不足などにより、そのバランスを崩し、働きが停滞しているのかもしれません。
また"お血"(おけつ)という、血液が停滞して巡りにくい状態になっているかもしれません。とくに妊娠に重要な、子宮・卵巣など骨盤内の血行不良は、不妊の要因となります。
『子宝漢方』では、その崩れたバランスを整え、六蔵六腑でとくに妊娠に重要な"肝・腎・脾"の働きを良好にすること、"お血"を予防し改善することで、妊娠力を高めることを目指します。
「赤ちゃんが欲しい」という願いは同じでも、ひとり一人すべきことは、違います。 まずは、自分自身の体と心に向き合い、私たちと一緒に、体も心も"健康"になりましょう。
あなたの体のこと、心のこと、じっくり聞かせて下さい。
そこから、1日1日積み重ねていく、あなたのためだけの、『妊娠力を高める身体作り』が始まります。

漢方による冷えの改善

漢方の考え方でいえば、不妊の原因の一つに「冷え」が考えられます。冷えは、体の本来の機能を低下させます。冷えの原因には、エアコンの冷房や冷たい飲み物、薄着、ホルモンのアンバランス、ストレス、自律神経の乱れなど様々あります。特に下半身の冷えは注意です。

漢方による冷えの改善

足が冷える、お腹が冷えると感じる人は、子宮、卵巣が冷えていることがあります。子宮や卵巣は妊娠に関わる器官です。それらを保護しているのは骨盤です。冷えは骨盤の血液の流れや働きをとても悪くします。また冷えは血液の巡りを悪くさせ、「お血」という状態になります。「お血」もやはり、子宮への栄養が届きにくくなり、妊娠しやすい環境に向いていません。子宝を望む場合には特にお腹まわりの冷えをとり、骨盤を中心に血液の流れや働きを整えることが大切です。

子宝漢方は、「冷え」や「お血」の体質を改善して、
妊娠しやすい身体づくりを目指していきます。

養生による子宝体質づくり

"養生"(ようじょう)という言葉は、
あまり馴染みのない言葉かもしれません。

"養生"とは文字通り「生命を養う」という意味で、『健康に向かって生命力を養い、高めていくこと』とあります。
東洋医学の考えでは養生はとても重要なものととらえております。漢方を服用しながら養生することが妊娠するための近道です。

  • 和食より洋食が好き
  • 甘いもの、脂っこいものが好き
  • 体が冷えていると感じる
  • ストレスや悩み事が多い
  • 睡眠不足が続いている

思いあたるものがありませんか?

そんな方は、"妊娠するためには準備不足"の状態にあるのかもしれません。
今のあなたの体は、今まで生きてきた年数分の、食事や生活習慣で作られてきたものです。
ただ漢方を飲むだけで、あっという間に体質改善し、妊娠出来るというわけではありません。乱れた食生活の改善や生活習慣の見直しなども、妊娠するための"養生"と言えるでしょう。漢方の効果を最大限に引き出すためにも、養生が重要になります。

まずは、『今』のあなたを変えていきましょう。
『妊娠するのは自分』です。

『今』を変えていくために、子宝漢方相談では、食生活や生活習慣についても踏み込んで、お話をしていきます。
"からだにあった漢方の服用"とともに、「食生活・生活習慣などを改善すること=養生」が、"子宝体質づくり"につながっていきます。

子宝漢方によるからだ作りで
日々をより健康にする

漢方を服用すること、食生活や生活習慣の改善によって、体全体の状態を整えていきますので、このような不調が改善されたという方もいらっしゃいます。

  • 冷えを感じにくくなった
  • つらい生理痛が和らいだ
  • 頭痛が起こりにくくなった
  • 肩コリが和らいだ

また、ホルモンのバランスが整い、イライラしにくくなった・睡眠が改善された、などというお声もいただきます。

"腎"は、活力の源とされ、生殖に必要なエネルギー=『腎精』(じんせい)も貯蔵されています。
腎の働きを充実させることで、生命エネルギーが充実し、生殖機能が安定し、卵子の質を向上させることも可能です。腎が整えば、月経も安定し、アンチエイジングな毎日が過ごせます。
また"肝"の働きを養うことにより、ストレスに強くなり、必要以上にイライラすることも減らせるはずです。まずは、体も心も健康になって、私たちと一緒に"妊娠力"を上げていきましょう。

東洋医学で考える
「妊娠しづらいカラダ」
「妊娠しやすいカラダ」とは?

六臓六腑の働きが1つでも停滞すると「妊娠しづらいカラダ」に...

六臓六腑の働きが1つでも停滞すると「妊娠しづらいカラダ」に...

東洋医学では、病気は「六臓六腑」の変調によって起こるとされています。六臓六腑の働きは、代謝・自律神経・ホルモンの3つの働きにより支えられています。
この3つの働きが良好で、かつバランスがとれた状態により、十分に内臓が機能し、カラダが持つ本来の妊娠力を発揮することができるのです。
どれか1つでも働きが停滞し、バランスが崩れると内臓機能が低下します。すなわち妊娠に特に必要な「肝・腎・脾」の働きも十分に発揮できなくなってしまいます。つまり、子宮環境・卵子や精子・ホルモンバランスに不調をきたして、妊娠しづらくなってしまうのです。

漢方で体質改善

六臓六腑の働きを良くすることで「妊娠しやすいカラダ」へ

"妊娠できるカラダ"とは、妊娠の成立のために良好な子宮環境、ホルモン活動のエネルギー源となる腎精の充実、卵胞の成熟を支える十分な血液や栄養、そして流産しないように漢方薬がしっかりと吸収され効果を発揮できるための体力などがバランスよく機能する状態であるといえます。

六臓六腑の働きを良くすることで「妊娠しやすいカラダ」へ

"妊娠できるカラダ"の基本である六蔵六腑のはたらきを良くするには、身体を流れる「十二経脈」という12種類の気のルートの、流れをよくする必要があります。具体的には血をきれいにし、巡りを良くすることで、子宮と子宮付属器の血流が良くなり、内膜の状態も良くなるのです。同時に栄養状態も良くなり、着床しやすくなります。

さらに、腎精が高まることによって、妊娠を継続するための力も上がります。

漢方の特徴・気になる点

  • 良い点

    • カラダにやさしい

      草や木、食品由来のものなど自然のものを使用しているので、体にやさしく効いていきます。

    • カラダに負担をかけずに、無理なく継続できます

      カラダにやさしいので、毎日服用できます。

    • 費用負担が少ないです

      費用負担が少ないです

    • カラダ作りがお家でできます

      毎日、服用するだけなので、時間を有効に使えます。

  • 悪い点

    • 効果が穏やかなので、一回飲んだだけでは分かりにくいです

      カラダ全体の改善を目的としているので、効果を実感するまでに少し時間がかかります。

    • 皆に一様に効果が出るわけではありません

      カラダの状態がそれぞれ違うため、一律に効果が出るわけではありません。

漢方の考え

漢方の考え方では、体は「気」、「血」、「水」の3つの要素で作られていると言われています。この3つが、お互いに影響しあって体のバランスを整えているので、どれかが少なすぎても、多すぎても、体のバランスが崩れてしまいます。 それによって不調をきたし、病気になると考えられています。

「気」、「血」、「水」とは?

  • 生命エネルギーで目に見えないもの、元気、気力の「気」。働きとして、カラダを温めたり、血、水を動かしたりしています。

  • 血とその働きのことを表します。全身を巡って、臓器に栄養を運びます。

  • 血液以外の体液(涙、リンパ液など)と、その働きを表します。カラダに潤いを与えますが、増えたり、滞ったりすると、むくみ、めまいが出ます。不足すると、皮膚、喉が乾燥します。

気、血、水とは?

東洋医学では、妊娠しづらい方の多くが下記のタイプに当てはまります。

  • 気虚

    気が不足している状態。
    (元気が無く、食欲が無い)

  • 血虚

    血が足りない、うまく動いていない状態。(貧血、顔が青白くなる)

  • 瘀血

    血がうまく巡らず、停滞していること。
    (月経困難症、目のくま)

妊娠力を上げるには、カラダの中心となる内臓の働き(六臓六腑の働き)を良好にし、バランスのとれた状態にすることが重要です。女性は、子宮や卵巣がおさまっている場所である骨盤内の「気」、「血」、「水」の巡りをしっかり整えることです。
妊娠するには、六臓六腑(内臓)のバランスを整えることが大切です。六臓六腑とは、「肝(胆)」、「心(小腸)」、「脾(胃)」、「肺(大腸)」、「腎(膀胱)」、「心包(三焦)」です。

特に大切なのは、「肝・腎・脾」です。

特に大切なのは、「肝・腎・脾」です。

  • 血を蓄えておき、全身の気を巡らせるので、精神的な安定を保つところです。ストレスがかかると、イライラしたり、憂鬱な気分になったりします。

  • 働きが充実していれば、ホルモン分泌が安定して、生命維持、生殖活動がしっかりと機能します。腎が衰えると、肌の老化、生殖機能の低下などが起こります。

  • 体の状態を、安定維持するために必要な力をコントロールしています。不調になると、疲れやすく、カラダがだるくなったりします。

飲みやすく工夫

ほとんどの漢方薬はせんじ薬で、1日2回もしくは1日3回食前あるいは食間の服用が必要です。
服用回数が多いとどうしても飲み忘れる、外出先で服用が難しいといった問題が生じます。

子宝漢方は、剤型は軟カプセルや丸剤、液剤となっており飲みやすさと、続けやすさを高め、それぞれ1日1回の服用となっております。

勉強堂薬局子宝漢方相談へ、お気軽にご相談ください。

勉強堂薬局

pagetop